マインドガードDX




こころの安心感
5 pt/5

ぐっすり感
5 pt/5

翌朝のすっきり感
4 pt/5

口コミ人気度
5 pt/5

総合ポイント
19 pt/20

こころのさぷりマインドガードDX
お試しセット:6,600円(送料・手数料無料)

安心・安全天然の休息サポート飲料 不眠の悩みに最終手段です!
なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めてしまう、薬を飲んでもダメだった方にもおすすめなのは「マインドガードDX」です。現代社会は5人に1人が夜しっかり休めず不満を抱えています。 その原因はセロトニン不足かもしれません。質の良い休息になくてはならない必須成分ですが、食事だけではどうしても不足がちです。この「マインドガードDX」はセロトニンをはじめ、快適な毎日をサポートするアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどの栄養素を贅沢に配合されています。しかも吸収率の高いドリンクタイプ。9割の方が飲みやすいと答えており、飲みやすさはばっちり!毎晩休息できる習慣を楽しみ1日シャキっと生活しませんか??
ネ・ムーン プラス




こころの安心感
4 pt/5

ぐっすり感
5 pt/5

翌朝のすっきり感
5 pt/5

口コミ人気度
4 pt/5

総合ポイント
18 pt/20

定期価格:4,950円(約1か月分)送料無料
単品価格:5,500円(約1か月分)

実感度で選ばれている休息サプリ。アミノ酸や沖縄伝統眠り草を配合。
美容のために睡眠は大切なのはみなさんご存知だと思います。しかし、いくらたくさん睡眠をとっても眠りの質が悪いとお肌の調子が悪くなったり、なんとなくぐったり・・。十分な睡眠が取れないと代謝も落ちて太りやすかったり、お肌が荒れてしまいますよね。これでは老化を早めます!!大切なのは睡眠中にホルモンを出して、質の高い睡眠をとること!「ネ・ムーン プラス」は睡眠を助けるホルモンのメラトニンと睡眠中にお肌の細胞を再生する成長ホルモンに注目。この2つのホルモンが一緒に分泌されると質の高い睡眠がとれて、寝ている間にエイジングケアを行うことができます。「ネ・ムーン プラス」は他にも3つのアミノ酸やエイジングケアに必要な成分を贅沢に複合した休息サプリメントです。体が錆びつく前にぜひお試しください。
スヤナイトα




こころの安心感
3 pt/5

ぐっすり感
5 pt/5

翌朝のすっきり感
4 pt/5

口コミ人気度
3 pt/5

総合ポイント
15 pt/20

通常価格:5,980円(約1か月分)送料無料

グリシン・トリプトファン配合!アミノ酸サプリ【スヤナイトα】
日本人は1200万人もの人たち(10人に1人)が夜ちゃんと休息出来ずに悩んでいるというデータがあります。ストレス、悩みのせいだと思っていませんか??実は!それだけではないのです。リラックスして休むには体内のアミノ酸が必要なんです!!今このアミノ酸が不足している方が多いのです。そこで「スヤナイトα」はアミノ酸のグリシンとトリプトファンに注目。これらのアミノ酸が不足すると気分が沈んだり、夜になっても体が休息準備をしないので安らげなかったり、朝から元気がでなくさえなかったり・・夜リラックスするためにはアミノ酸が必要なのです。さらに、リラックス作用のあるハーブエキスも配合。日常生活に支障が出てしまう前にぜひ「スヤナイトα」サプリメントをお試しください。

 

 

不眠症と言ってもいろいろな種類があります

 

 

不眠症って、どんなイメージですか?
眠りたいのに眠れなくて…という症状が不眠症と思われがちですが、
実は不眠症には色々な種類があります。

 

大きく分けると4つの種類に分けられるのです。
自分は不眠症かもしれない、と思う方は、
まず自分がどの不眠症のタイプになるのかを把握するようにしましょう。
自分の不眠症のタイプが分からないと、対策の施しようもありませんよね。

 

 

ではまず一つ目のタイプは「入眠障害」です。
「私は不眠症かも」と思っている人は、このタイプという方が多いでしょう。
その名の通り、上手に眠れないタイプの不眠症です。
夜、寝床についてから、睡眠するまでに何時間もかかったり、
挙句の果てに眠れなかったり、と人それぞれです。
眠れないから本を読んだり携帯をいじったりして余計眠れなくて
負のスパイラルって人も多いのではないでしょうか。
医学的には30分から1時間ほど寝付けない人はこのタイプの不眠症に分別されます。

 

 

次のタイプは「熟睡障害」です。
眠れたはいいけど、その睡眠の質があまりよくないために、
深い眠りであるノンレム睡眠が足りずに寝ても寝てもね足りないという症状に陥ります。
長時間寝ても疲れが取れない、という人はこのタイプに分類されます。

 

 

お次は「中途覚醒」です。
朝起きるまでの間に何度も目が覚めます。
23時頃寝たのに、2時や3時に目が覚めます。
何度も何度も目覚めることから、起床した時に疲れきっている
ということが多く、辛い症状です。
主に中高年に多い睡眠障害です。

 

 

そして最後が「早朝覚醒」です。
朝早く、4時や5時に目覚めてしまいそのまま眠れないタイプの睡眠障害です。
早起きでいいじゃない、という人もいるかもしれませんが、
日中に強い眠気を感じてしまうので日常生活に支障をきたします。

 

 

 

いかがでしょうか?この中に当てはまるタイプはありましたか?
不眠症を訴える人の多くはどれかに当てはまりますが、一つとは限りません。
入眠障害プラス、早朝覚醒、という人もいるでしょう。
どれか一つでも辛いのに、複数の睡眠障害が当てはまったら、本当に心も体も大変です。
今夜も眠れないかも、とか今夜も何度も目が覚めると思うと、
夜が来るのが怖くなるという人も数多くいます。
薬に頼ってしまいがちな不眠症ですが、生活習慣を変えてみたり、ち
ょっとした工夫をするだけでぐっすり眠れるようになりますので、
諦めずに自分にぴったりあった治療法を探してみましょう。
いい仕事はいい睡眠から生まれますよ。

 

 

不眠症 Q&A

 

 

Q:布団に入ったらすぐ眠れるのに、夜中に何度も目が覚めるんだけど、これも不眠症なの?

 

A:不眠症は、色々な種類があります。
  中々眠れないことだけが不眠症ではありません。
  夜中に何度も目が覚めたり、眠れなくなったりする不眠症のことを中途覚醒といいます。
  この不眠症を解決するためには寝る前にリラックスすることが大切です。
  また寝る前のお酒は控えるようにするといいでしょう。

 

 

 

Q:どうして夜勤は不眠症になりやすいの?

 

A:不眠症は、体内の生活リズムが大きく影響しています。
  また日光を浴びると、セロトニンという物質が分泌され、
  体が覚醒するという性質がありますので、朝、日が昇ってから帰宅して
  睡眠する夜型生活の方は、どうしても睡眠の質が低下してしまいがちです。
  自宅のカーテンを強い遮光タイプに変えると、少しは眠りやすくなります。

 

 

 

Q:寝ても寝ても寝足りないんだけど、どうして?

 

A:それは熟睡障害というタイプの不眠症です。
  長時間寝ている、もしくはいつも通り寝ているのに、
  満足感がない場合は注意してください。
  睡眠はしているんだけど、熟睡が出来ていないのです。
  この不眠症は睡眠環境を整えることで、改善する場合が多いですので、
  一度自宅の寝室をチェックしてみてください。
  暑すぎず寒すぎず、ほどよい温度が重要です。
  そして湿度は50%を保つようにしましょう。
  布団の固さや、掛け布団の重さも体にあっていないと、熟睡出来ません。
  枕の高さが合わずに熟睡障害に陥っている人は、
  潜在的に相当数に上ると言われています。
  また、寝室を暗闇にすることも忘れないでください。 
  豆球などの、小さな明かりがついていると、睡眠の質が低下します。

 

 

 

Q:市販の睡眠薬で不眠症は治るの?

 

A:市販の睡眠薬はそこまで強い成分は含まれていませんので
  依存性などの問題はあまりありません。が、その分効き目も薄めです。
  服用してみて、効果がないようでしたら医師に相談してみましょう。
  ただ、医師の処方の睡眠薬にしろ市販の睡眠薬にしろ
  不眠症の根本を解決するわけではありませんので、頼り過ぎは禁物です。

 

 

 

Q:眠れないからスマホいじっちゃうんだけどよくない?

 

A:布団に入って寝付けないからとついつい携帯などを使ってしまいますが良くありません。
  携帯やスマホの光は脳に強い刺激を与えますので、
  眠りづらくなるだけではなく、眠った後の睡眠の質も悪くなります。
  脳が興奮している状態で眠りますので、悪夢を見て途中で目が覚めてしまったり、
  金縛りにあったりと、不快な症状が現れることが多々あります。
  できれば睡眠1時間前にはテレビやパソコン、スマホなどは見ないようにしましょう。